ホーム>脳活コラム>認知症対策>手軽に行える認知症予防活動を始めよう
認知症対策

手軽に行える認知症予防活動を始めよう

認知症は緩やかに悪化していくもので、はじめは症状に気が付きにくいものでもあります。生活に支障が出てきた段階でやっと気がついて、対処しようとする場合が多いのですが、認知症を改善するという事は難しいものなのです。認知症による支障をできるだけ少なくするためには、早い段階で治療やトレーニングを行うことによって認知症の進行を遅らせるしかないのが現状です。

2015615212852.gif

そのため、認知症だという事を確信する前の段階で認知症予防のための行動をとっておくことが結果的には悪化を防ぐ方法という事になります。テレビ番組などで脳トレなどが紹介されていますが、そういった頭を使う簡単なものに頻繁に取り組んでいくことが認知症の悪化を防ぐことにつながるのです。

そこで利用したいのがiPadやiPhoneなどのスマホやタブレットなどです。若い人は毎日の生活に欠かせないツールとして利用していることが多 いですが、高齢者はなかなか手を出しにくいものです。こういった新しいツールにチャレンジしていくこともボケ防止につながります。子どもや孫などに教わり ながらコミュニケーションをとっていくというのも認知症予防につながっていくのです。

また、慣れれば手軽に扱うことができるので、脳活につながるアプリなどを入れておくことで毎日認知症予防のためのトレーニングを行いやすくなります。こういった便利なものを取り入れながら、少しでも認知症の進行を抑えるように心がけていきたいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yubigoraku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/14

ページ上部へ