ホーム>脳活コラム>iPadの豆知識>新型iPadは結局何が良くなったのか!?
iPadの豆知識

新型iPadは結局何が良くなったのか!?

2014年10月18日より、iPadの新型モデルが発売されました。前作のモデルと比べて何が変わったのか、そしてどのように優れているのかを紹介したいと思います。

iPad-mini-S

ゴールド色の追加

iPhoneにはあったけれどもiPadにはなかったおしゃれで高級感あふれるゴールド色が追加となりました。カバーを付けずに使いたくなるほどの美しさです。

さらに薄くなり、カメラとCPUの性能向上

iPad Air2は前モデルに比べ7.5mmから6.1mmとさらに薄くなりました。前モデルの時にはエンピツより薄いと言われていましたがさらに薄くなりました。またCPU(タブレットの処理スピードの要となる装置)の性能が40%向上しサクサク動くようになりました。カメラの性能も1.6倍にアップしました。カメラの画質を気にする方には嬉しい進化ですね。

一方iPad mini3は性能的には前モデルとまったく同じようです。

指紋認証によるログイン

iPadを立ち上げるときに、認証のために4ケタの数字を入力するわずらわしさがなくなります。

指紋認証の精度も素晴らしく、ほぼ100%認識してくれます。登録さえしておけば右手でも左手でもどの指でも認証可能です。より簡単にしっかりとしたセキュリティ強化ができてうれしいですね。

compaire_spec

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yubigoraku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/13

ページ上部へ