ホーム>脳活コラム>iPadの豆知識>これだけ覚えておけば大丈夫、iPadの基本的なタッチ操作
iPadの豆知識

これだけ覚えておけば大丈夫、iPadの基本的なタッチ操作

皆さんご存知のようにタブレットの中でも人気のiPadには、タッチパネルが搭載されており、ほとんどの操作はタッチ操作となっています。

ここでは、iPadの基本的なタッチ操作をご紹介します。

2015615211923.jpg

タップ

タップとは、画面上を1回叩く動作のことを言います。画面上で何かを決定したり選択したりする際に使用します。

ダブルタップ

ダブルタップとは、画面上を2回叩く動作のことです。ズームインやズームアウト、表示画面の切り替えをする際に使用します。

ロングタップ

ロングタップとは、画面を一定時間タッチし続ける動作を言います。アプリ機能の呼び出しや、地図アプリを使用の際画面上の指定、アイコンの移動時などに使用されます。

ピンチイン、ピンチアウト

ピンチインとは、2本の指を用いてつまむようにし、指の感覚を狭める動作を言います。画面上のWebサイトや写真、地図などをズームアウトする際に使用されます。ピンチアウトはその逆で、指の間隔を離して行う動作となります。

ドラッグ

ドラッグとは、画面にタッチしたままスライドさせる動作のことです。画面上にあるアイコンなどを移動する際には、このドラッグを使用します。

フリック

フリックとは、画面を軽く左右に、または上下に軽くはじく動作のことです。写真やホーム画面の切り替え、画面のスクロール時に使用します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yubigoraku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/12

ページ上部へ